自由化されたガス料金をどう選ぶか - ガス料金を大きく節約する方法

自由化されたガス料金をどう選ぶか

ガス料金は自由化される前は総括原価方式で決められていました。
簡単に言うと、ガスを生み出すための費用だけでなく人件費や販売費など全てを原価に反映させて料金を決める方法です。


加えて一度決めた料金を恣意的に上下できないよう認可性でした。

こちらのガス料金の特別な情報を載せています。

その理由はガスがライフラインの重要な地位を占めており、ガス供給会社及び消費者のため公的に保護する必要があったからです。

ただ公的な保護の下にあると限られた会社以外ガス供給ができず、もっと安価に提供できる状況でも価格が維持されたり、競争意識が働かずコスト削減など経営努力が疎かになりがちです。

本来消費者に対しても大切な規制だったはずが、供給会社のみ恩恵を受けているとの批判が上がり、ガス料金は自由化されました。

従来からの投資によってガスの供給設備が十分に整っていることも自由化に拍車をかけました。しかし自由化を知ってもガス料金を抑える方法を知らなければ、制度が無意味になります。
旧来の大手ガス会社対応エリアによって新規参入会社の数が異なります。
電気供給の参入と比較して少ないのが特徴です。



そのため限られたプランの中で選択する必要があります。サービスの多くはガス供給以外の本体事業のサービスとセットで申込むと割引になるプランですから、その本体事業に関するサービスを日頃からどのくらい利用しているかによって判断すべきでしょう。



ガスが多少安くなっても、別のサービスを全く利用しなければトータルでは割高になる場合もあります。

また価格だけでなく供給会社の信頼度も判断材料にしましょう。